おしりの黒ずみ・色素沈着にハイドロキノンが効果的/おしりのシミをなくすクリーム

おしりの黒ずみにハイドロキノン

 

お尻の黒ずみや、ニキビなどの跡・色素沈着になやんでいる女性ってけっこう多いですよね。

普段は見られる部位じゃないですが、ある時に、「おしりが汚いな・・・」なんて思われていたら嫌です・・。

彼氏や旦那さん、友達なんかに指摘されたことがあって、ヘコんでしまっている女性も多いのではないでしょうか?

「お前、おしりあんまり綺麗じゃないよね。」こんな感じで・・・

(わたしは実際に悪口を言われてとても落ち込んだことがあります・・・・。)

ハイドロキノンでお尻の黒ずみとか色素沈着って治るのかな~??と、半信半疑なこともあるかもしれません。

でも、ハイドロキノンクリームは本当に黒ずみをなくすことができます。

ここでは、私がおしりの色素沈着・黒ずみをなくすのに効果的だったハイドロキノンクリームとなぜそれがいいのか?その理由について書いています。

おしりの黒ずみ・色素沈着がきれいになる
ハイドロキノンクリームはこちら⇒

  1. お尻の色素沈着をなくすハイドロキノンクリームの選び方
    1. おしりの色素沈着ケア | ハイドロキノンクリームの選び方1. 低刺激であること
    2. おしりの色素沈着ケア | ハイドロキノンクリームの選び方2. 浸透度
    3. おしりの色素沈着ケア | ハイドロキノンクリームの選び方3. 保湿成分配合
  2. おしりの黒ずみ・色素沈着をなくすハイドロキノンクリームのおすすめ
    1. 1位:ビーグレン・ハイドロキノンクリーム
      1. 低刺激だからおしりにも安心
      2. ハイドロキノンがしっかり浸透
      3. お試しセットで効果・使用感をチェックできる
  3. ビーグレンのハイドロキノンクリームがおしりの色素沈着ケアに1位の理由
    1. ハイドロキノン濃度がほど良い&低刺激
    2. ハイドロキノンがおしりの黒ずみ部分に高浸透
  4. ハイドロキノンがおしりの黒ずみ・色素沈着に最も効果的な理由
    1. ハイドロキノンはおしりの美白効果が高い成分/メラニンブロック力が高い
  5. おしりの黒ずみ・色素沈着にハイドロキノン/副作用
    1. おしりに塗るならハイドロキノン濃度に注意
    2. 海外製ハイドロキノンはおしりの肌荒れ・副作用が起こりやすい
    3. 2.0%までの濃度なら副作用は起こりにくい
  6. おしりの黒ずみ・色素沈着にハイドロキノンクリーム/使い方・塗り方
    1. ハイドロキノンクリームのお尻への回数は1日1回が基本
    2. Iライン(アソコ)には塗らないようにする
    3. ハイドロキノンは紫外線には絶対当てない
    4. ハイドロキノンクリームをお尻に塗るのは朝と夜の2回まで
    5. おしりの黒ずみ解消/ハイドロキノンクリームは継続が大事
  7. 市販・海外のハイドロキノンはおしりの黒ずみケアに向かない
    1. 楽天のハイドロキノンクリームは高い
    2. amazonのハイドロキノンお試しセットは高い

お尻の色素沈着をなくすハイドロキノンクリームの選び方

お尻の黒ずみ・色素沈着を治すクリームなんかは、ネット通販を中心に人気です。

しかし、ハイドロキノンという美白力の高い成分が入ったクリームを選ばないと、色素沈着はなかなか治らないのが実際のところなのです。

ハイドロキノンクリームはちゃんと選ぶという条件が大切。

お尻に使っても肌荒れせずに、色素沈着をなくし、きれいに美白することができます。

安心して試してみてください。

おしりの色素沈着ケア | ハイドロキノンクリームの選び方1. 低刺激であること

「ハイドロキノンって効果は高いけど、刺激が強いんじゃないの?」

ハイドロキノンは刺激が強い成分として聞いたことや見たことがある女性も多いのではないでしょうか。ハイドロキノンは濃度が高ければ刺激を感じる人が多い成分です。

しかし、ハイドロキノンの中には肌に優しく刺激を抑えられた低濃度処方のものもあります。

つまり、刺激の少ない低濃度タイプのものを選ぶのが大切ということですね。

毎日おしりの色素沈着部分に塗ることで、刺激を感じることなくケアをすることが可能です。

おしりの色素沈着ケア | ハイドロキノンクリームの選び方2. 浸透度

おしりの色素沈着の原因ですが、おしりにニキビや肌荒れができたり、かゆみなどで掻いたりすることが直接的な原因になることが多いです。

おしりの表面の肌が荒れてしまい、そこの部分にメラニンが蓄積してしまい、黒っぽかったり茶色っぽかったりする色素沈着になってしまいます。

ハイドロキノンクリームはメラニン細胞を抑える効果があり、できてしまったメラニンも還元してくれる効果があります。

おしりの肌内部のメラニン細胞まで、しっかり浸透するタイプのハイドロキノンクリームを選ぶのがベストです。

おしりの色素沈着ケア | ハイドロキノンクリームの選び方3. 保湿成分配合

ハイドロキノンクリームを塗ると、肌が乾燥してしまうという人もいます。美白ケアをしていても、肌が通常よりも乾燥してしまっては、かゆみが起きたり、肌荒れの原因になるので好ましくはありませんよね。

そこで、ハイドロキノンクリームにもしっかり保湿成分が配合されているか?という点が大切なポイントになります。

ハイドロキノンが配合されているだけでなくしっかり設計している肌にやさしい製品には、保湿成分がきちんと加えられています。

おしりの黒ずみ・色素沈着をなくすハイドロキノンクリームのおすすめ

おしりの黒ずみ・色素沈着を改善するには、美白効果が最も高い「ハイドロキノン配合」のクリームが一番。ハイドロキノン配合のアイテムはいろいろありますが、その中でも特におすすめのものをピックアップしてみます。

1位:ビーグレン・ハイドロキノンクリーム

ビーグレンのハイドロキノン

低刺激だからおしりにも安心

ハイドロキノンがしっかり浸透

お試しセットで効果・使用感をチェックできる

日本販売のハイドロキノンクリームの中で、一番おしりの黒ずみ・色素沈着ケアに向いているのが、ビーグレンのハイドロキノンクリームです。(商品名は、ホワイトクリーム Qusome1.9)

ビーグレンのハイドロキノンクリームは、低刺激処方ながら、浸透度が高いのでお尻の色素沈着や黒ずみに効果が感じられます。

ビーグレンのハイドロキノンクリームがおしりの色素沈着ケアに1位の理由

ビーグレンのハイドロキノンクリームは、おしりの黒ずみ・色素沈着を消すのに効果が高いです。

ハイドロキノンがほど良い濃度で入っているので、肌の弱い人でも安心して使えます。市販のハイドロキノンクリームや、海外の安いものだと刺激が強すぎて、おしりの肌が荒れてけっきょく黒ずみがさらに酷くなってしまった・・・・という残念なことになりがちです。

ハイドロキノン濃度がほど良い&低刺激

ビーグレンのハイドロキノンクリームは、濃度がほど良いのに加えて、保湿成分も加わっているので、肌へのダメージも減らすことができるという優れものです。

おしりの黒ずみ悪化を予防するのには、乾燥状態を防ぐということがポイントになります。そのため、美白クリーム自体にも保湿成分がちゃんと入っていないと、ケアするのが大変。ビーグレンのハイドロキノンクリームならその点も考えられているので、安心似て使い続けることができますよ。

ハイドロキノンがおしりの黒ずみ部分に高浸透

ビーグレンのハイドロキノン効果が出る秘密は、ハイドロキノンが肌の内部にしっかり浸透するということ。
どんなに効果の高い美白成分でも、黒ずみ・色素沈着の大元である「メラニン細胞」に到達しなければ意味がありません。

ビーグレンの美容液や化粧水は、どれもが肌の内部に成分が浸透しやすい造りになっているのが特徴的ですね~。

どんないい美白効果のある成分でも、メラニンの部分に到達して、シミの根本を無くしてくれないことには意味がありませんから。

ビーグレンのハイドロキノン・ホワイトクリームなら、ハイドロキノンが黒っぽい色素沈着(メラニン色素)の元に届き、きれいになります。

ハイドロキノンがおしりの黒ずみ・色素沈着に最も効果的な理由

ハイドロキノンはおしりの黒ずみ・沈着してしまったシミに最も美白効果の高い成分です。

「どの成分でおしりの黒ずみがキレイになるのか分からない・・・・。」おしりをキレイにしたくても、本当に効果がありそうなのが分からず、迷ってしまいますよね。

でも、おしりの黒ずみをキレイにするクリームやジェルはいろいろ売られていますが、ハイドロキノン以上の効果を実感できるものはないと思います。

しかも副作用も少ないという条件付きです。

ハイドロキノンはおしりの美白効果が高い成分/メラニンブロック力が高い

ハイドロキノンは黒ずみ・色素沈着の原因となるメラニン生成を抑える力がとにかく高い成分。

美白成分といえば、ビタミンCやアルブチン、コウジ酸、プラセンタ・・・・など本当に多くあります。あなたも迷ってしまったことありませんか?

ハイドロキノンは、これらの美白成分より約100倍も効果が高いことが分かっている成分なんです。

美白効果とは、肌の部分部分が黒く見えてしまうメラニン色素を増やさない効果のこと。ハイドロキノンはそのメラニン色素を減らすことができるということです。

なので、塗り続ければおしりの黒ずみを消す効果も実感しやすいという特徴があります。

おしりの黒ずみ・色素沈着にハイドロキノン/副作用

おしりの黒ずみをハイドロキノンでケアをして、副作用が起こってしまうんじゃないか?という心配もありますよね。

しかし、ハイドロキノンクリームを選び間違えなければ副作用の心配なくケアを続けることができますよ。

おしりに塗るならハイドロキノン濃度に注意

おしりの黒ずみ部分にハイドロキノンを塗るのなら、ハイドロキノン濃度を気にしてください。適当にハイドロキノンクリームを選ぶと、濃度が高過ぎて肌荒れしちゃうこともあるので、安全なものを選ぶのが大切ですね。

海外製ハイドロキノンはおしりの肌荒れ・副作用が起こりやすい

海外製のハイドロキノンクリームや、ハイドロキノン軟膏がネットで売られています。メルカリなんかでも売っていることがあるのですが、肌がかぶれたりなどの危険性があるので止めておきましょう。

仮に副作用を起こしてしまうと、余計にダメージとなってメラニン沈着を起こして、黒ずみが目立つようになってしまいます。

2.0%までの濃度なら副作用は起こりにくい

ハイドロキノンクリームの副作用が起こらない濃度は、2.0%までです。それ以上の濃度になると、刺激を感じやすい人が増えてくるので、注意するようにしましょう。

「ハイドロキノンが2.0%??それって逆に効果がちゃんとでるの?」

と思うかもしれませんが、2.0%でも十分に美白効果があるのがハイドロキノンの特徴です。

※わたしが実際に使っているビーグレンのハイドロキノンクリームは、1.9%の濃度ですが、ちゃんとお尻の黒ずみが消えていきました。

おしりの黒ずみ・色素沈着にハイドロキノンクリーム/使い方・塗り方

お尻の黒ずみケアでのハイドロキノンクリームですが、塗り方を間違えずに続ければ早くにお尻を白くキレイにすることができます。

ハイドロキノンクリームのお尻への回数は1日1回が基本

ハイドロキノンクリームのお尻に塗る回数は、1日に1回が基本です。時間帯はなるべくなら夜寝る前のタイミングが良いでしょう。

肌のターンオーバー・生まれ変わりは、夜寝ている間に進むことが多いので、美白効果も感じやすいです。

Iライン(アソコ)には塗らないようにする

お尻に近いIライン(つまりアソコ・陰部です・・・)にはハイドロキノンクリームを極力塗らないようにしてください。

基本的に、ハイドロキノンは乳首やIライン、唇などの肌表面が敏感な部分には適さないと考えられています。

ただ、どうしても黒ずみを治したいという理由で、陰部だろうと乳首だろうと使っている女性はいるようです。

でも、やっぱり肌荒れしたりや痛みが出たりなどの副作用があると怖いので、塗らないようにしてください。

※間違ってちょっと触れるくらいなら、問題ないレベルです。

ハイドロキノンは紫外線には絶対当てない

ハイドロキノンクリームをお尻の黒ずみケアで塗る時に気を付けてほしいのが、紫外線には当てないということです。

とは言っても、お尻の黒ずみ部分が太陽の紫外線に当たるシチュエーションって、ほとんどないと思うのでこれについては問題ない人が多いでしょう。

夏の暑い時期に薄着になったり、短いパンツやスカートをはく時などには、下からの照り返しなどで紫外線が当たることもあるので、日中にハイドロキノンクリームを塗るのは避けるようにしてください。

ハイドロキノンクリームをお尻に塗るのは朝と夜の2回まで

ハイドロキノンクリームの美白効果が早く欲しくて、1日に何度も塗りたくなってしまうこともあると思います。

でも、ハイドロキノンは浸透性の高い成分なので、1日に何度も塗る必要はありません。

多くても1日に2回に収めておく方がいいです。おすすめしているビーグレンのホワイトクリームは、特に浸透性が高いクリームになるので、何度も塗らなくていいのがメリットでもあるんです。

気持ちがちょっと焦るのも本当によく分かります。でも1、2回に塗る習慣にして、効果が出るのを待ちましょう。

おしりの黒ずみ解消/ハイドロキノンクリームは継続が大事

お尻の黒ずみ解消には時間がかかるのも実際のところです。でも、ハイドロキノンは確実に美白効果のある成分なので、続けていれば黒ずみ解消に手ごたえを感じることができます。

「1週間、10日間と続けたけど、なかなか黒ずみに変化がない・・」と弱気になってしまうこともあるかと思います。

早い人でも肌が完全に生まれ変わるのに、28日間最低でもかかると言われています。ハイドロキノンクリームでのケアも最低でも1ヶ月は様子を見る必要があるということですね。

※わたしも、実際に黒ずみが薄くなってきた?と感じたのはやはり1ヶ月くらい経ってからでした。

市販・海外のハイドロキノンはおしりの黒ずみケアに向かない

簡単に手に入る市販のものや、海外のハイドロキノンクリームはお尻の黒ずみケアに不向きです。

なぜかというと刺激が強い高い濃度であったり、保湿成分が一緒に入っていないクリームであることが多いから。

乾燥することで、お尻がかゆくなりやすいですし、刺激が強いと肌荒れの原因になったりしてしまいます。

「わたしのおしりの肌には合わないなぁ」となってしまうことが多いと思います。

楽天のハイドロキノンクリームは高い

ハイドロキノンクリーム,お尻の黒ずみ

楽天でビーグレンのハイドロキノンクリームが販売されていますが、送料込みで7000円~8000円と高いですね。

公式サイトからなら、お試しのハイドロキノンクリームがありますし、定期購入ならもっと安く購入することができます。

楽天で購入するなら、楽天ポイントが有り余っているという場合のみでしかメリットがなさそうです。

amazonのハイドロキノンお試しセットは高い

ハイドロキノンクリーム,お尻の黒ずみ

ビーグレンのハイドロキノンクリームは、まずお試しセットから始めてみるのがおすすめです。

アマゾンでは、1週間分のハイドロキノンクリーム入りのトライアルセットが4,000円で販売されていました。

公式サイトなら1,900円程度で購入できるので、やっぱり公式サイトから買うようにしましょう。